FreeBSD ハンドブック

FreeBSD ドキュメンテーションプロジェクト

FreeBSD へようこそ! このハンドブックは FreeBSD 8.3-RELEASEFreeBSD 9.1-RELEASE のインストールおよび、日常での使い方について記述したものです。 本ハンドブックは改編作業中であり、 さまざまな人々が編集に携わっています。 いま存在するセクションの中には情報が古くなってしまったため、 更新作業の必要があるものも含まれています。 もし、このハンドブックを編集するプロジェクトに協力したいとお考えなら、 FreeBSD documentation project メーリングリスト まで電子メールを(英語で)送ってください。 この文書の最新バージョンは、いつでも 日本国内版の FreeBSD ウェブサイト および FreeBSD ウェブサイト から入手できます (この文書の以前のバージョンは http://docs.FreeBSD.org/doc/ から入手できます)。 また、他のさまざまな文書形式、圧縮形式のものが FreeBSD FTP サーバ や数多くの ミラーサイト からダウンロードできます。 このハンドブックの書籍版 (英語版) は、 FreeBSD Mall から購入できます。 また、ハンドブックの検索 を行なうこともできます。

FreeBSD ハンドブック日本語版の作成は FreeBSD 日本語ドキュメンテーションプロジェクト (FreeBSD doc-jp) がおこなっています。 ハンドブックの日本語訳に関することは FreeBSD 日本語ドキュメンテーションプロジェクト において日本語で議論されています。

文書の日本語訳に関するお問い合わせや、 文書の原文に関する問い合わせをしたいが英語が得意でないという方は FreeBSD 日本語ドキュメンテーションプロジェクト まで、日本語でコメントをお寄せください。


目次
前書き
I. 導入
1章はじめに
1.1. この章では
1.2. FreeBSD へようこそ!
1.3. FreeBSDプロジェクトについて
2章FreeBSD のインストール (9.X 以降の場合)
2.1. この章では
2.2. ハードウェア要件
2.3. インストール前に行う作業
2.4. インストールの開始
2.5. bsdinstall の紹介
2.6. ネットワークからのインストール
2.7. ディスク領域の割り当て
2.8. インストール操作の確定
2.9. インストール後の作業
2.10. トラブルシューティング
2.11. Live CD を使う
3章FreeBSD のインストール (8.X 以前の場合)
3.1. この章では
3.2. ハードウェア要件
3.3. インストール前に行う作業
3.4. インストールの開始
3.5. Sysinstall の紹介
3.6. ディスク領域の割り当て
3.7. 何をインストールするか選択する
3.8. インストールメディアの選択
3.9. インストール操作の確定
3.10. インストール後の作業
3.11. トラブルシューティング
3.12. 高度なインストールガイド
3.13. 自分のインストールメディアの準備
4章Unix の基礎知識
4.1. この章では
4.2. 許可属性
4.3. ファイルシステムアクセス制御リスト
4.4. ディレクトリ構造
4.5. ファイルシステムのマウントとアンマウント
4.6. プロセス
4.7. デーモン、シグナルとプロセス終了
4.8. シェル
4.9. テキストエディタ
4.10. デバイスとデバイスノード
4.11. 仮想コンソールと端末
4.12. さらに詳しい情報を得るには...
5章アプリケーションのインストール - packages と ports
5.1. この章では
5.2. ソフトウェアのインストール
5.3. アプリケーションの探し方
5.4. packages システムの利用
5.5. pkgng によるバイナリ package の管理
5.6. Ports Collection の利用
5.7. インストール後の作業
5.8. うまく動作しない ports に遭遇した場合には
6章X Window System
6.1. この章では
6.2. X を理解する
6.3. X11 のインストール
6.4. X11 の設定
6.5. X11 でのフォントの使用
6.6. X ディスプレイマネージャ
6.7. デスクトップ環境
II. 日々の生活
7章デスクトップアプリケーション
7.1. この章では
7.2. Web ブラウザ
7.3. 生産的なアプリケーション
7.4. ドキュメントビューア
7.5. 財務管理ソフトウェア
7.6. まとめ
8章マルチメディア
8.1. この章では
8.2. サウンドカードの設定
8.3. MP3 オーディオ
8.4. ビデオ再生
8.5. TV カードの設定
8.6. MythTV
8.7. 画像スキャナ
9章FreeBSD カーネルのコンフィグレーション
9.1. この章では
9.2. なぜカスタムカーネルを作るか?
9.3. システムのハードウェアについて知る
9.4. カーネルドライバ、サブシステムとモジュール
9.5. カスタムカーネルの構築とインストール
9.6. コンフィグレーションファイル
9.7. 問題が起きた場合には
10章プリンタの利用
10.1. この章では
10.2. はじめに
10.3. 基本的な設定
10.4. プリンタ設定上級編
10.5. プリンタを使う
10.6. 標準スプーラの代替品
10.7. トラブルシューティング
11章Linux バイナリ互換機能
11.1. この章では
11.2. インストール
11.3. Mathematica のインストール
11.4. Oracle のインストール
11.5. SAP R/3 (4.6B - IDES) のインストール
11.6. 高度なトピックス
III. システム管理
12章設定とチューニング
12.1. この章では
12.2. 初期設定
12.3. 中核となる設定
12.4. アプリケーションの設定
12.5. サービスの起動
12.6. バーチャルホスト
12.7. 設定ファイル
12.8. sysctl によるチューニング
12.9. ディスクのチューニング
12.10. Kernel 制限のチューニング
13章FreeBSD の起動のプロセス
13.1. この章では
13.2. 起動時の問題
13.3. ブートマネージャと起動ステージ
13.4. カーネル起動時の応答
13.5. Device Hints
13.6. init: プロセス制御の初期化
13.7. シャットダウン動作
14章ユーザと基本的なアカウントの管理
14.1. この章では
14.2. はじめに
14.3. スーパーユーザアカウント
14.4. システムアカウント
14.5. ユーザアカウント
14.6. アカウント情報の変更
14.7. ユーザへの制限
14.8. グループ
15章セキュリティ
15.1. この章では
15.2. はじめに
15.3. FreeBSDの安全性を高める
15.4. DES, MD5 と Crypt
15.5. S/Key
15.6. Kerberos
15.7. ファイアウォール
15.8. OpenSSL
15.9. IPsec
15.10. OpenSSH
16章ストレージ
16.1. この章では
16.2. デバイス名
16.3. ディスクの追加
16.4. RAID
16.5. 光メディア (CD & DVD) の作成と使用
16.6. フロッピーディスクの作成と使用
16.7. データテープの作成と使用
16.8. フロッピーディスクへのバックアップ
16.9. バックアップの基本
16.10. ネットワーク、メモリ、そしてファイルベースのファイルシステム
16.11. ファイルシステムのスナップショット
16.12. ファイルシステムクォータ
16.13. ディスクパーティションの暗号化
17章地域化 (localization) - I18N/L10N の利用と設定
17.1. この章では
17.2. 基礎知識
17.3. 地域化の利用
17.4. 国際化に対応したプログラムのコンパイル
17.5. FreeBSD を特定の言語に地域化する
18章FreeBSD のアップデートとアップグレード
18.1. この章では
18.2. FreeBSD Update
18.3. Portsnap: Ports Collection アップデートツール
18.4. ドキュメントのアップデート
18.5. 開発ブランチを追いかける
18.6. ソースの同期
18.7. “world” の再構築
18.8. 使われなくなったファイル、ディレクトリ、ライブラリの削除
18.9. 複数のマシンで追いかける
IV. ネットワーク通信
19章シリアル通信
19.1. この章では
19.2. はじめに
19.3. シリアル端末
19.4. ダイアルインサービス
19.5. ダイアルアウトサービス
19.6. シリアルコンソールの設定
20章PPP と SLIP
20.1. この章では
20.2. ユーザ ppp の利用
20.3. カーネル PPP の利用
20.4. PPP オーバイーサネット (PPPoE) の利用
20.5. SLIP の利用
21章電子メール
21.1. この章では
21.2. 電子メールを使う
21.3. sendmail の設定
21.4. MTA の変更
21.5. トラブルシュート
21.6. 先進的なトピックス
21.7. UUCP とともに SMTP を使う
21.8. ダイアルアップ接続でメールを使う
21.9. SMTP 認証
22章高度なネットワーク
22.1. この章では
22.2. ゲートウェイと経路
22.3. 無線ネットワーク
22.4. Bluetooth
22.5. ブリッジ
22.6. NFS
22.7. ディスクレス稼働
22.8. ISDN
22.9. NIS/YP
22.10. DHCP
22.11. DNS
22.12. NTP
22.13. ネットワークアドレス変換 (NAT)
22.14. inetd “スーパサーバ”
22.15. パラレルライン IP (PLIP)
22.16. IPv6
V. 付録
A. FreeBSD の入手方法
A.1. CDROM/DVD 出版社
A.2. FTP サイト
A.3. BitTorrent
A.4. Anonymous CVS (非推奨)
A.5. CTM を使う
A.6. Subversion を使う
A.7. Subversion サイト
A.8. CVSup を使う (非推奨)
A.9. CVS タグ
A.10. rsync ミラーサイト
B. 参考図書
B.1. FreeBSD 専門の書籍および雑誌
B.2. 利用者向けのガイド
B.3. 管理者向けのガイド
B.4. プログラマ向けのガイド
B.5. オペレーティングシステム内部
B.6. セキュリティの参考資料
B.7. ハードウェアの参考資料
B.8. UNIX® の歴史
B.9. 雑誌とジャーナル
C. インターネット上のリソース
C.1. メーリングリスト
C.2. Usenet ニュースグループ
C.3. World Wide Web サイト
C.4. Email アドレス
C.5. シェルアカウント
D. PGP 公開鍵
D.1. オフィサ
D.2. コアチームメンバ
D.3. 開発者
FreeBSD Glossary
目次
奥付
表目次
2-1. パーティションスキーム
3-1. サンプルデバイス一覧
3-2. 一つ目のディスクのパーティションレイアウト
3-3. 残りのディスクのパーティション構成
3-4. FreeBSD 7.X および 8.X ISO イメージの名前と内容
16-1. 物理ディスクへの名前付け
22-1. ネットワーク向けのパラレル (クロス) ケーブル結線
22-2. 予約された IPv6 アドレス
図目次
2-1. FreeBSD ブートローダメニュー
2-2. 典型的なデバイス検出結果の例
2-3. インストールメディアの選択モード
2-4. キーマップの選択
2-5. キーボードメニューの選択
2-6. ホスト名の設定
2-7. インストールするコンポーネントの設定
2-8. ネットワークからのインストール
2-9. ミラーサイトの選択
2-10. パーティションの分割に Guided と Manual のどちらを用いるかの選択
2-11. 複数のディスクから選択する
2-12. Entire Disk または Partition の選択
2-13. 作成されたパーティションの確認
2-14. Manual によるパーティションの分割
2-15. 手動でパーティションを作成する
2-16. 手動でパーティションを作成する
2-17. 最後の確認
2-18. 配布ファイルのダウンロード
2-19. 配布ファイルの検証
2-20. 配布ファイルの取り出し
2-21. root パスワードの設定
2-22. イーサネットインタフェースの選択
2-23. ワイヤレスアクセスポイントのスキャン
2-24. ワイヤレスネットワークの選択
2-25. WPA2 のセットアップ
2-26. IPv4 ネットワークの選択
2-27. IPv4 DHCP 設定の選択
2-28. IPv4 Static 設定
2-29. IPv6 ネットワークの設定
2-30. IPv6 SLAAC 設定の選択
2-31. IPv6 static 設定
2-32. DNS の設定
2-33. ローカルまたは UTC クロックの選択
2-34. 地域の選択
2-35. 国名の選択
2-36. タイムゾーンの選択
2-37. タイムゾーンの確定
2-38. 追加で有効にするサービスの選択
2-39. クラッシュダンプの設定
2-40. 新しいユーザのアカウントの作成
2-41. ユーザ情報の入力
2-42. ユーザおよびグループの管理を終了する
2-43. 最後の設定
2-44. Manual Configuration
2-45. インストールの終了
3-1. FreeBSD ブートローダメニュー
3-2. 古典的なデバイス検出結果の例
3-3. 国の選択メニュー
3-4. キーボードメニューの選択
3-5. Sysinstall のメインメニューから Usage を選択
3-6. ドキュメントメニューの選択
3-7. Sysinstall ドキュメントメニュー
3-8. Sysinstall メインメニュー
3-9. Sysinstall キー配列メニュー
3-10. Sysinstall メインメニュー
3-11. Sysinstall オプション
3-12. 標準インストールの開始
3-13. fdisk を実行するディスクの選択
3-14. 編集する前の典型的な fdisk 構成
3-15. ディスク全体を使う fdisk 構成
3-16. sysinstall ブートマネージャメニュー
3-17. ドライブ選択の終了
3-18. sysinstall ディスクラベルエディタ
3-19. デフォルトの自動割り当てによる sysinstall ディスクラベルエディタ
3-20. ルートパーティションに割りあてる容量
3-21. ルートパーティションサイズの編集
3-22. ルートパーティションタイプの選択
3-23. ルートのマウントポイント選択
3-24. sysinstall ディスクラベルエディタ
3-25. ディストリビューションの選択
3-26. ディストリビューションの確認
3-27. インストールメディアの選択
3-28. イーサネットデバイスを選ぶ
3-29. ed0 ネットワークの設定
3-30. inetd.conf の編集
3-31. Anonymous FTP のデフォルトの設定
3-32. FTP Welcome メッセージの編集
3-33. exports ファイルの編集
3-34. システムコンソール設定オプション
3-35. スクリーンセーバオプション
3-36. スクリーンセーバのタイムアウト
3-37. システムコンソールの設定の終了
3-38. 地域の選択
3-39. 国名の選択
3-40. タイムゾーンの選択
3-41. マウスプロトコルのタイプの選択
3-42. マウスプロトコルの選択
3-43. マウスポートの設定
3-44. マウスポート の設定
3-45. マウスデーモンを有効にする。
3-46. マウスデーモンのテスト
3-47. Package カテゴリの選択
3-48. Packages の選択
3-49. Packages のインストール
3-50. Package のインストールの確認
3-51. User の選択
3-52. ユーザ情報の入力
3-53. ユーザおよびグループの管理を終了する
3-54. インストールの終了
3-55. ネットワーク設定 (メニューの前半)
3-56. デフォルトの MTA の選択
3-57. Ntpdate の設定
3-58. ネットワーク設定 (メニューの後半)
例目次
2-1. 既存のパーティションを使用
2-2. 既存のパーティションを縮小する
2-3. 伝統的なファイルシステムのパーティションを作成する。
3-1. 既存のパーティションを変更せずに使用
3-2. 既存のパーティションを縮小する
5-1. 手動で package をダウンロードしてローカルからインストールする
13-1. boot0 のスクリーンショット
13-2. boot2 のスクリーンショット
13-3. /etc/ttys の insecure コンソール
14-1. FreeBSD におけるユーザの追加
14-2. rmuser による対話的なアカウントの削除
14-3. スーパユーザによる対話的な chpass
14-4. 通常のユーザによる対話的な chpass
14-5. 自分のパスワードの変更
14-6. スーパーユーザ権限での他のユーザのパスワード変更
14-7. pw(8) によるグループの追加
14-8. pw(8) によるグループメンバ一覧の設定
14-9. pw(8) によるグループへのユーザ追加
14-10. グループに所属しているユーザを調べるための id(1) の使い方
15-1. SSH を用いた SMTP 用の安全なトンネルの作成
16-1. ssh 越しの dump の利用
16-2. RSH を設定した ssh 越しの dump を利用
16-3. ブートフロッピーを作成するスクリプト
16-4. FreeBSD4.X での vnconfig を用いた既存のファイルシステムイメージのマウント
16-5. vnconfig を用いたファイルベースディスクの新規作成
16-6. FreeBSD5.X での mdconfig を用いた既存のファイルシステムイメージのマウント
16-7. mdconfig を用いたファイルシステムイメージの新規作成
16-8. mdmfs を用いたファイルベースディスクの設定とマウント
16-9. FreeBSD4.X での md メモリディスク
16-10. mdconfig を用いたメモリベースディスクの新規作成
16-11. mdmfs を用いたメモリベースディスクの新規作成
19-1. 端末の項目を /etc/ttys に追加する
21-1. sendmail アクセスデータベースの設定
21-2. メールエイリアス
21-3. 仮想ドメインメール対応表の例
22-1. amd によるエクスポートされたファイルシステムのマウント
22-2. 支店または家庭のネットワーク
22-3. 本社 LAN や他の LAN
22-4. inetd への HangUP シグナル送付

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。
本文書に関する質問については、<doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。